日本には昔から伝わる行事が多くあります。七五三もその一つだが、最近ではお祝いの仕方・衣装にも変化がみられる。

お子様の成長を祝う七五三の衣装
お子様の成長を祝う七五三の衣装

七五三のときの衣装について

日本には昔から伝わる伝統行事が多くあります。
七五三もそのうちの一つです。

男の子の数え五歳(三歳でお祝いする家庭もあります)、女の子の数え三歳・七歳の十一月十五日に神社でお祓いをしてもらう、のが一般的でしょう。昔は、現在のように医療技術も発達しておらず栄養状態も良くなかったせいか、子どもが幼いころに命を落とすことも珍しくありませんでした。
「ここまで、元気に成長しました。
ありがとうございました」という意味をこめて七五三のお祝いをした、との説もあります。
そう考えると、現在は本当に恵まれた時代ともいえるでしょう。現在は、親子で正装をして神社でお祓いをしてもらい、写真館で記念写真を撮る家庭も多いようです。

「正装」と一口で言っても、その大半は和装でしょう。三歳の女の子は、被布(帯をしめるには小さいのでベストのような衣装を着ものの上から着る)、五歳の男の子は羽織・袴、七歳の女の子は着物をきて帯をしめます。

髪型は、七歳の女の子は日本髪を結う子もいます。
朝早くから夕方まで和服を着ているのは辛いかもしれません。着付けるときに、やみくもにきつくしたり、移動中だけでも履きなれたくつを履かせるなどして子どもがぐずらないよう工夫したいものです。

衣装は、購入する家庭もありますが、最近ではレンタルの着物もきれいでバラエティーにとんでいます。
兄弟・姉妹がいて複数回着る機会があるなら別ですが、一度だけのことならレンタルを利用するのもいいかもしれません。

Copyright (C)2018お子様の成長を祝う七五三の衣装.All rights reserved.